コラム

アメリカって風俗あるの!?

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんはアメリカの性事情と聞いてどんなイメージが浮かびますか??金髪美女とエッチな事ができるお店を思い浮かべた人も多いのではないかと思います。ですが実際にアメリカの風俗の事情を詳しく知っている人って少ないと思います。今回はそんな皆さんがまだあまり知らないアメリカの風俗事情について詳しくまとめてみました。

まずアメリカの風俗事情についてなんですが、実はアメリカに風俗と言うものは存在しないんです(笑)世界の大国なのに、風俗がないなんて意外と思った人は多いと思います。日本にあるソープランドはもちろんのこと、ピンクサロンやデリバリーヘルスなどもありません。アメリカでは料金を払って女性から性的なサービスを受ける事は、売春行為にあたるとして全面的に禁止されているんです。アメリカって自由の国と言われますが、性に関してはとても厳しいというのが現状なんです。

ですがそんなアメリカで唯一売春が許されているのがネバダ州になります。免許を取って公式に認められた売春宿だけが営業ができて、その多くが都会からは離れた郊外にあります。ちなみになんですが、ネバダ州のカジノで有名なラスベガスなんですが、ラスベガスでは売春は禁止されているんです。いろいろな娯楽があるのに、性サービスは違法だなんてかなり意外ですよね。その売春宿ではどんなサービスが受けられるのでしょうか。お店で自分が気に入った女性を選んで女性とセックスやオーラルセックスを楽しめるんです。

性サービスに対する取り締まりが厳しいアメリカの男性はどのように性を発散しているのかと言えば1番有名なのはストリップです。ストリップはご存知の通り、ほぼ裸に近い女性が舞台上でダンスするのを見ながらお酒を飲んだりチップを渡したりするものです。何だかスタイリッシュなエロってカジュアルな印象ですね(笑)

いかがでしたか。自由の国なのでもっと過激なサービスが受けれるって思っていた人も多いのではないかと思います(笑)ですが日本に比べてかなり特殊な風俗が多いので、アメリカに行った時はぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*