コラム

中国と日本の食事の違いって

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは国によって食事のマナーが違うという事をご存知でしょうか??日本では当たり前の事が、他の国ではタブーだったり、逆に日本ではありえない事がいたって普通に行われていたりと、国が変われば全くもって文化や習慣って違うんです。今回は特に中国にスポットを当てて、中国と日本の食事の違いというものについて詳しく解説してみたいと思います。

まず日本の食事の際って、たいていそれぞれのお皿に料理を盛ってもらえるものですよね。ですが中国での食事は、ほとんどの場合、大きなお皿を沢山の人が囲んで一緒に食べるんです。なので、人数が多少増えたり減ったりしても、そこで簡単に調整はできるんです。 中華料理に比べると、和食って、中国人には量が少ないと感じるかもしれません。和食とは大量のものを提供するより、少量でもおいしいものを出しすべての料理を食べてもらうことを期待していて、量よりも質を重視している事が分かってもらえるでしょう。

それと逆に、余るくらいの料理を出して、お腹一杯になってもらうのが、中国のおもてなしです。お皿が空っぽになっていたら「もしかしたら足りなかったかも」と心配しますよね。ここに、日本と中国の食文化、考え方の違いがあります。ご飯を食べる時、中国でも日本でもはしを使います。どちらの国でもはしをご飯に刺してはいけません。

これは同じマナーですが、はしを置く時、日本では横向きに置きますが、中国では縦に置きます。中国で、はしを横にすると、これは「お腹いっぱいになった」という意味になります。 和食では、冷たい食べ物が多く出される場合がありますが、中国の食事では、基本的に温かいものしか食べません。これは、漢方の考え方に基づいて、体を冷やしすぎないように気をつける習慣があるからだそうです。

いかがだったでしょうか。中国と日本の食事ってこんなにも大きな違いがあったんですね。皆さんも中国を訪れる機会があれば、この事を参考にして中国の文化にうまく溶け込めるようになってください。

コメントを残す

*