コラム

日本茶と中国茶の違いとは

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。いきなりですが皆さんはお茶がお好きでしょうか??お茶ってたくさん種類があって日本人にはとても馴染みの深いものですよね。ですがお茶文化というものの発祥は中国と言われていて、日本と同じくらい中国という国はお茶文化が盛んなんです。という事で今回は日本茶と中国茶ではどんな違いがあるのか詳しく説明してみたいと思います。

日本茶と中国茶の特徴を一言で表現すれば「味の日本茶」、「香りの中国茶」と言うことができると思います。例えば、同じ緑茶でも、 中国の緑茶は釜炒りで作られたものが多く、香りがよく立ち、中国にはお茶の香りを味わうための聞香杯という茶器もあります。 一方、日本の緑茶は蒸して作られるものが多く、茶葉から味がよく出てきます。

1000種類以上あるといわれるほど多種多様な中国茶の中で、日本で親しまれている中国茶と言えば、烏龍茶やプーアール茶、花茶の一つであるジャスミン茶などが挙げられます。中国茶は、茶葉の酸化や発酵を抑えるために茶葉を炒るので、香りがよく立ちます。独特の上質な香りが特徴で、味がじわじわゆっくりと出てくるので、5煎前後、高品質のお茶なら10煎前後、淹れる度に微妙な変化を楽しむこともできます。

日本茶の特徴は何と言っても味が染み出しやすいという点です。そのため、日本茶は2~3煎しか飲むことができません。一方、中国茶は味がじっくりと染み出してくるため、4~5煎茶ほど飲めます。高級品になると10煎ほども飲むことが可能だそうです。デメリットとしては一煎目が薄くなることもあり、一煎目は捨てる習慣もあるそうです。

日本茶は標高が約100~200mの高地で栽培されます。これは全国の日本茶共通です。しかし、中国茶は標高が約1400~1600mの高地で栽培されます。中には2000mを超える高地で生産されるお茶もあり、高級品として嗜まれるそうです。

いかがだったでしょうか。日本茶と中国茶には独特な違いがあったんですね。皆さんもこれを参考にして日本茶と中国茶の違いを楽しんでみてください!!!

コメントを残す

*