コラム

中国人あるあるとは

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。中国人っていろんな面ですごく特徴的ですよね(笑)日本人と中国人とでは文化や習慣も全く違うので当然と言えば当然なんですが、それにしても中国人って独特なんです。今回はそんな中国人のあるあるというものをいくつかご紹介したいと思います。

中国人のあるあるで真っ先に挙げられるのが、声が非常に大きいという事です。中国人の声が大きい理由としては、自分が有利に立つように自己主張をしっかり行っているからなんです。声が小さい人は、自信がなさそうに見えて相手から舐められてしまうかもしれません。ですが大きな声で話していれば、そういう事も少なくなりますし、自分に不利になる事もありません。これは中国人にとっては習慣になっていて、別にケンカ腰という事ではないんです。

これは日本人の感覚とはやはり少し違うんですが、中国人は色彩感覚がとても派手だという事もあるあるとして挙げられます。日本人の感覚には、奥ゆかしさというものがありますので比較的薄めの落ち着いた色を好む傾向にあります。ですが中国人とは広大な土地で生き抜いていくために何事も目立たなければいけなかったんですね。建物も基本的に目立つ色のものが多く、特に好まれる色は、金色や赤といったすごく明るい色なんです。皆さんもご存知のチャイナドレスなんかもすごく派手で明るい色使いが特徴的ですよね。

また中国人とは非常に自立心というものが強いですし、よって自信過剰に映る人が多いと思います。中国では親の面倒を見るのが当たり前ですし、親に頼ろうという考えの人はほとんどいません。常に自分自身を強く保たなければいけないので、このように自信過剰に捉えられたりするんです。ですが実際には、日本とは比べ物にならないくらい広大な土地、人々の中を生き抜いているために、心底疲れている人が多いという現状があるんです。

いかがでしたか。私たち日本人からすれば、自分勝手に生きている印象の中国人なんですが、意外にもプレッシャーやまた背負うものが大きかったりするんですね。中国人をよく理解し彼らとうまく付き合っていくことができればいいですね!!!

コメントを残す

*