コラム

中国の食文化とは

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは中国についてどのくらいの事を知っているでしょうか??日本と中国では文化や習慣、また食生活に至るまで色んな面で異なる部分が多いんです。特に中国の食文化というのは独特な点が多く、日本人の感覚では理解しがたいところが多々あるんです。今回はそんな中国の食文化というものを詳しく紐解いてみていきたいと思います。

中国の食文化の特徴として、はじめに挙げられるのが中国にはワリカンという文化がないというところです。日本人なら飲み会などの際に、ワリカンをするという事は当たり前のようにありますよね。ですが中国人というのは、食事の時は誘った人や目上の人などが全額支払いをするというのが一般的なんです。たとえ友人関係であったとしても、ワリカンをする事は少ないんです。

次の大きな食文化の違いとしては、中国では食べたものは散らかすというのがマナーだと考える人が多いという点です。これは日本人の食文化からすると考えられない事ですね。中国人の感覚としては、食べている最中に口から出したものをお皿にのせるほうが汚いという考え方なんですね。汚いものはテーブルの上に出して、あとはお店の人に片づけてもらうという考えが一般的なんですね。

また中国人の朝ご飯とは、屋台などで済ますことが非常に多いんです。中国の屋台というのは値段もかなりリーズナブルでバリエーションも豊富なので一般家庭でも利用しやすいんです。よく食べられているメニューとしては、ラーメンや餃子、お粥などがあります。やはり中国とは広大な土地で、たくさんの人が暮らしているので食事のあり方も様々なんでしょうね。

いかがでしたか。中国の食文化は日本と比べるとやはり独特なところが多いですね。ですが国が違えば文化や習慣が違うのは当然なので、積極的に彼らの文化を吸収するのも彼らとの距離を縮めるのには必要な事なのではないでしょうか。

コメントを残す

*