コラム

中国人と日本人の味覚の違いとは

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。最近は日本を訪れる中国人の姿が非常に目につきますよね。中国人の観光客が、日本に来て特に楽しみにしているのが、日本の食事になります。では中国人と日本人ってどのくらい味覚に差があるのでしょうか。今回は中国人と日本人の味覚の違いについて詳しく解説していきたいと思います。

日本人とは世界的に見てもすごく繊細な味覚を持っていると言われています。一般的に味付けとは甘さ、辛さ、酸っぱさ、しょっぱさ、苦さという5つの味で構成されていますが、日本にはそれにプラスして旨みの成分のダシによる味わいを大切にする食文化があります。他の国の料理でもスープやブイヨンといったダシに当たるものはありますが、日本料理では特にそれが大切にされていて、日本人の味覚に染みついているんです。ですので、日本人の味覚とは基本的には薄味が好みになっています。

一方中国人の味覚ですが、味が濃くて、油っぽいといったものを好みます。これが中華料理の特徴で中国人の味覚なんです。 日本人の味覚と比べて、中国人の味覚とは濃厚なものが好みですが、中国とはとても広大で、地域によっても、その味覚に多少の差というものはあるんです。

そんな中国人が好む味付けの日本料理ですが、日本料理の王道ともいわれる天ぷらやお寿司、刺身に焼き鳥などと言ったものが挙げられます。これらの料理は基本的に自分で、お醤油や麺つゆを付けたりして味の変化を楽しむことができるようになっていますので、中国人にもピッタリなんですね。また居酒屋のメニューなんかも中国人には人気のようです。居酒屋の料理はお酒に合わせて濃い味付けがされているので中国人の味覚に合います。

いかがでしたか。中国と日本ではやはり多少の味覚の違いというのは存在します。皆さんもこれを参考にして中国人の知り合いがいればおススメの料理を見つけてあげてくださいね!!!

コメントを残す

*