コラム

日本人と中国人の常識の違いとは

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは中国の事をどれだけご存知でしょうか??日本と中国では当然文化や習慣、感性なども全く違っていて日本では当たり前の事が中国では失礼にあたるなんて事も結構あります。という事で今回は私たち日本人と中国人の常識の違いというものを詳しくみていきたいと思います。

日本人と中国人の常識の違いとしてまず挙げられるのが、意思表示の違いです。私たち日本人は、本音と建前をキッチリ使いわけていて、自分が思っているように事が進まない場合でも争いを避けるために自分の意思を殺したりします。ですが中国人というのはストレートな感情表現を好み自分が思った事はちゃんと伝えるのが基本なんです。日本人の和というのは対立を避けることで保たれますが、中国人の和はその人自身の個性を認め合うという事で保たれているんです。

次に食事の面でも日本と中国では大きな違いがあります。日本では親しい人のお家にお呼ばれして料理をご馳走になった時には、全部残さずに食べるのが礼儀とされていますよね。せっかく自分の為に振る舞ってくれた料理を残してしまっては、失礼にあたると考えるのが普通です。ですが中国では全く逆の発想なんです。もてなしてもらった場合には、料理を少し残すというのが常識とされているんです。これは食べきれないほど出してくれた事に感謝する意味でもあって、すごく満足しましたよと言う意思表現なんですね。

また中国人というのは冷たい料理や、冷めたものは基本的に食べないんです。火を通した物の方が安全や、冷たいものは身体に良くないと言った、漢方医学の考え方が定着しているからです。なので日本人が好きな刺身やお寿司などは中国人には受け入れられません。お弁当も中国人はあまり食べません。食事とは温かいものを食べるという考えなので冷めた弁当は食べないんですね。

いかがだったでしょうか。今回ご紹介したのは一部ですがこれだけでも日本と中国の常識の違いというものがお分かりいただけたかと思います。皆さんもお互いの常識を理解し合い中国人の方とどんどん仲良くなってみてくださいね!

コメントを残す

*