コラム

日本の風俗の歴史とは

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。みなさんは風俗遊びがお好きでしょうか?日本は風俗がとても盛んな国で、繁華街ともなれば、多種多様な風俗店がひしめき合っているというのが現状です。風俗遊びが趣味って人も多い日本ですが、今回はそんな日本の風俗の歴史について詳しく解説してみたいと思います。

日本の風俗の歴史で特にご紹介したいのが、皆さんがよくご存じの江戸時代になります。江戸時代とはよくいえば性に対して奔放、悪く言えば野放図だったのです。とにかく性に対して開放的で、城下町などには遊郭などの大人の遊び場がたくさんあったと言われています。

江戸時代は今の日本とは違い、売春というのが合法であったために売る側の女性にも、買う側の男性にも、また世間一般的にも売春に対してそれ程罪悪感や抵抗感というものはなかったのだと考えられています。実際にかなりの数の遊女というものが存在し、現代と比較しても比べ物にならないほど売春というものに寛容な社会だったようです。

遊郭などでのプレイの内容ですが、これもかなりシンプルなものだったようです。今の日本では、デリヘルやソープ、ピンサロ、オナクラなどジャンルによってサービスは異なりますが江戸時代はそうではありませんでした。本番行為が基本のサービスだったようで、どのお店もプレイの内容に大きな違いはありませんでした。ですがお店のシステムによって料金の幅はピンキリだったようですね。

では江戸時代の男性に人気があったのはどんなプレイだったのでしょうか。先ほども言った通り基本的なプレイの内容は本番のみでしたが、江戸時代の人々の間ではいわゆるアナルセックスも行われていたみたいですね。これは春画という現代で言えばアダルトビデオのような存在のものにもしっかりと描かれています。これらの事からもアナルセックスは江戸の男性にとって憧れのプレイだったのではないでしょうか。

いかがでしたか。日本の風俗というのは今に始まったことではなく、古の時代から受け継がれてきたものといっても決して過言ではなかったのですね。現代は昔に比べても、プレイの質や幅も無限大なので皆さんも是非風俗ライフを謳歌してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*