コラム

京都のチャイエスについて

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは京都の風俗に対してどんな印象を持っていますか?京都は古都のイメージが強く風俗店とはかけ離れた感がどうしてもあると思います。前回まで大阪・神戸のチャイエス事情について紹介してきましたが、引き続き今回は京都のチャイエスについて詳しく解説してみたいと思います。

はじめに結論から言うと、今京都のチャイエスは下降線の一途をたどっています。一昔前までは京都はチャイエスがかなり盛んな地域でしたがここ最近はめっきり元気がなくなったという印象がかなり強いです。原因ははっきりしていませんが、個人の見解では京都のお客さんが大阪や兵庫の方に流れているんではないかと思っています。

なぜそのような事態に陥っているのかというと、根本的な理由としてはサービスの質が著しく低下しているという事が挙げられると思います。大阪などに行けば一時間で5000~6000くらいでスッキリ出来る激安店も結構ありますし、それを考えればチャイエス好きのお客さんが大阪などにわざわざ足を運ぶようになっても何ら不思議ではありません。

昔はかなり濃厚なサービスが受けることができた京都のチャイエス店も今ではかなり少なくなっています。今の風俗業界といえばデリヘルが主流ですが、京都では昔ながらのファッションヘルスが主流となっているのです。ファッションヘルスはデリヘルと違い店舗型なのでホテル代も必要ありませんし、リーズナブルな価格で楽しめるのでそっちの方にチャイエスのお客さんが流れているとも考えられます。

嬢の質もやはりかなり落ちている印象です。大阪などは激戦区とも言われていますし、常に競争競争でレベルの高い嬢を集めようとしています。ですが京都のチャイエス店はそこまでライバルも多くありませんし、なんだかのほほんとした感じがどうしても否めません。

京都のチャイエスは昔に比べてかなり寂しくなったというのが私の本音です。昔の賑わいを取り戻すためにもお客さんの事を一番に考えた接客を心がけてもらいたいなと思います。

コメントを残す

*