コラム

神戸のチャイエスについて

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。前回は大阪のチャイエス事情について紹介しました。大阪はエステ店の激戦区とも言われ、チャイエスのレベルも高いという事をお伝えしましたが、今回はお隣の神戸のチャイエス事情について解説してみたいと思います。

まずはじめに、神戸はあまりエステ店が盛んな土地ではなく、大阪ほどチャイエスのお店も多くない印象です。しかし神戸市の中心の繁華街や歓楽街、またビジネス街も密集している三宮の一部だけは例外です。三宮の北側の北長狭通は兵庫県を代表する風俗街として知られていて、県外からでも訪れる人が多い場所になっています。

そんな神戸のチャイエスといえば、やはり大阪などと比べても店舗数が圧倒的に少ないのがひとつ特徴として挙げられます。兵庫県全体で見ても、先ほど言った通り三宮近辺に密集しているくらいです。ですがその分嬢の質などはかなり高く、ハイレベルな嬢と遊ぶことができるのが神戸のチャイエスです。神戸の嬢は基本的にオシャレに気を使っている嬢が多く、キレイで可愛い子が本当に多いです。

料金設定ですが、ルックスなどを含めてハイレベルな嬢が多いのでその分料金設定は高くなっているお店が多いです。激安店で気軽にサクッと遊ぶのもいいかもしれませんが、たまにはワンランク上の嬢と遊びたいという人にはピッタリのお店が揃っているのではないかと思います。

これは個人的な意見なんですが、風俗的な要素のチャイエスは神戸には少ない印象を受けています。警察の指導なんかもうるさいのか、大阪のように濃厚なサービスをオープンに行っているような店舗はほとんど見受けられません。抜きあった場合でもチップをかなり要求されたりなんてことも多いのでガッツリ抜きたいって人にはあまり向かないかもしれませんね。

いかがだったでしょうか。神戸のチャイエスというのは土地柄も含めて、やはり上品という表現がピッタリかなって印象のお店が多いです。

コメントを残す

*