コラム

アフリカの風俗事情

こんばんは。アフリカといえばなんとなく風俗とは結びつけにくいイメージはありませんか。なので今回はアフリカの風俗とはどんなもので、どれくらい普及しているのか詳しくみていきたいと思います。

 

先に結論から言ってしまえば、アフリカでの風俗遊びにはあまり期待しないほうが賢明です。まずアフリカといえば黒人ですよね。なんとなくイメージが湧く人もいるかもしれませんが黒人女性はかなり体臭がきつい人が多く、体臭が少ない日本人からしたらかなり強烈なんです。

 

女性の質もそれほど良くないですね。基本的にいろんな意味で大きい女性が多く、日本人のぽっちゃりですらダメな人にはお勧めできません。またアフリカで風俗遊びをするにあたって一番に気を付けなければいけない点としては、エイズが蔓延していることです。

 

ある情報によればアフリカで現地の女性と行為に及んだ欧米旅行者のうち30パーセントが帰国後にHIVに感染していることが分かったというデータもあるようです。

 

次にアフリカだけではありませんが、まず遊びの選択肢がないという事です。アフリカには風俗店といったシステムはほぼありませんし、クラブや路上の立ちんぼの女性を捕まえて自分が宿泊するホテルかラブホテルなどでのプレイが一般的になっています。何をするにも全てにおいて選択肢は多いほうがイイですよね。

 

例外もありましてエチオピアだけは別格です。女性の見た目もかなりハイレベルで黒人女性に抵抗がある人でも考え方が変わるのではないでしょうか。アフリカでは最も美人な女性が多い国ともいわれています。遊び方は風俗店などの施設はなく街中やバーで女性と直に交渉してホテルにお持ち帰りするパターンになります。料金の相場もかなり低く約1500~3000くらいに設定されています。

 

いかがでしたか。基本的にはアフリカの風俗遊びははいろんなリスクがありますが、いつもの風俗では満足できなくなった男性にはかなり刺激的な体験ができると思うのでおススメですね。

コメントを残す

*