コラム

アジアンエステとは

チャイナエステ、中国エステ、韓国エステ、タイエステ、チャイエス、フィリピンエステなど、アジアの国の方々が運営されているエステ店を総称して、アジアンエステと呼びます。

最近は、韓国エステが下火になってきており、さらにはタイエステ、フィリピンなどのエステの数の少なさから、中国エステやチャイエスを意味してアジアンエステと呼ぶことも増えてきた。

大阪では、難波、梅田を中心に京橋、日本橋、十三など繁華街を中心に増殖傾向にあったが、最近はなりを潜めて数自体は減少傾向、もしくは横ばいで推移していると思われる。

また、特に耳にするのが、デリヘル店として性風俗営業許可を取得し、正々堂々??営業している店は大阪府下では数十件とまだまだ少ないながらも少しづつ増加傾向にあり、今後はデリヘルとしてアジアンエステの店が増えていく傾向にあると思われる。

コメントを残す

*