分かりやすい比較ポイント

優良店というの人それぞれでございますね。

A君がいい風俗店と思っても、B君は良い風俗店と思わないかもしれないです。

各個人の主観・・・性癖やフェチなどの感覚が多分に含まれますので、一概に優良店と言っても、その選択は難しいところです。

ですが、優良店と呼ばれる風俗店には共通点がございまして、その共通点は以下の3点に分けられます。

Point1 在籍人数が多いかを見極める

Point2 コストパフォーマンスを検討する

Point3 受付の機能面・使いやすさ

上記POINTを抑えておきさえすれば、比較的安心な風俗店と言ってもいいのではないでしょうか?

各POINTをご説明させて頂くと、以下のようになります。

在籍人数が多いかを見極める

外国人風俗ほど、風俗の中で玉石混合のお店はないと言って過言ではございません。

というのも、まず採用基準として外国人!中国のお店なら中国人女性、韓国のお店なら韓国人女性、金髪系なら洋物系と、基本的にはそれだけで、採用になります。

後の採用基準は、各店舗の中の担当の方が、気に入るかどうか・・・

つまり、玉石混合の中の玉をつかまないといけないのが外国人風俗の最大のミッションといえるでしょう。

コストパフォーマンスを検討する

コスパは重要ですね。激安店で高級店の内容を求めるなど、むちゃな要求はダメですが、それでもコストにあった女の子や内容はぜひとも欲しい!結局は男女のお付き合いなので、相性が重要ですが、思っているような女性とご一緒していものです。

思ったような女性と出会えうのも風俗選びとしては重要です。

風俗は、激安店→大衆店→高級店という順に値段などが異なっております。

番外編としては、SM店などの特殊な風俗店もございますが、外人さんのお店ではそういうジャンルは見たことがございません。

日本人風俗では、激安店→大衆店→高級店の順に、しっかり料金さえ支払えば、それなりの子に来てもらえますが、外国人風俗に限っては、ほとんどが、激安店か大衆店のため珠玉混合でございます。

受付の機能面・使いやすさ

女の受付のフォローが悪いがために、女の子に出会うまでに「イライラ・・」なんてことがあってしまうと、せっかくの出会いが台無しに・・人気店ともなれば、そういうフォローの役割を徹底して行っているものですので、一つの判断基準としては重要です。

これらの比較ポイントをわかりやすく、各地域版ではご紹介させて頂いております。

ぜひ、楽しい風俗ライフをお送りください。