コラム

意外と知らないエッチな雑学

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんはエッチな事についてどれくらいの知識がありますか??男性なら多かれ少なかれそのジャンルの知識は持っていると思います(笑)今回はそんなエッチな雑学の中でまだ皆さんが知らないであろうものをいくつかご紹介してみたいと思います。

女性の愛液はアルカリ性なんです。女性の愛液の役割は大きく分けて二つです。ひとつは男性器の挿入をスムーズにする潤滑油として。もう一つは、妊娠を促すために精子の伝達を促すという役目です。女性の膣の内部は、細菌感染を防ぐために、殺菌作用を持つ弱酸性に保たれています。一方で精子は酸性の環境に弱いため、愛液がアルカリ性でこれを中和しているのです。子作りは男女の共同作業というのは、こんな細かいメカニズムからもよくわかるものですね。

花火大会は女性の性欲を高める。漆黒の夜空に重低音とともに花開く花火は、本当に美しいものですね。夜空が安心感とムードを演出し、そこに生まれる刺激的な一瞬の華やかさが女性を刺激するようです。生命の誕生は火花に例えられることがありますし、一瞬で大空を彩り、儚く消えていく花火はどこか「命」を感じさせますよね。少し現実的な話をすると、浴衣の着付けを自分一人でできる女性はいいのですが、着付けができない女性も多くいますので、「浴衣以外のオシャレ」をしている女性はエッチの確率が高いのかもしれません。

また毛深い場所ほど敏感だという事がわかっています。これは経験則的に知っている方も多いかもしれませんが、性感帯の多くは「毛深い場所」に集中しています。現代では美容やエチケットのために、無駄毛の処理をする女性が殆どで今イチ忘れがちですが、「うなじ」「わきの下」「性器」など、どこも本来体毛がが密集している場所ですね。これにはきちんとした理由があります。性的な刺激は「パニチ小体」という感覚器官から脳に送られるのです。このパニチ小体は毛根に多数分布している場所に多く存在しているため、毛深い場所は感じやすいのです。

いかがでしたか。これ以外にもまだ皆さんが知らない雑学はいっぱいあるんです。エッチな雑学はちょっとした飲み会などで非常に役に立つので覚えておいて損はないでしょう!

コメントを残す

*