コラム

女性の豊胸手術を見破る方法

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは風俗を利用した際に、この嬢のおっぱいはキレイ過ぎるけど本物??って思った事はありませんか!?(笑)実際最近の医療技術はかなり発達していますので、パッと見ただけではなかなか豊胸による胸かどうかを見破ることは難しいんです。ですが見破るポイントも幾つかありまして、今回はそれをいくつかご紹介してみたいと思います。

まずはじめに注目したいのが手術直後の傷になります。ヒアルロン酸注入法の場合、乳房の境目から注射によってヒアルロン酸を注入します。そのため注射の跡が残ることが多いです。注射の跡は比較的消えやすいものの、数週間は残ることが多いです。手術して間もない女性の裸を見ると、豊胸の手術を受けたのかなと分かる事があるんです。脂肪注入法では脂肪を吸引して、バストに注入します。つまり、脂肪の吸引跡と乳房への注入跡が残る場合があります。特に吸引跡が残りやすく、場合によっては半年以上も跡が残ることがあります。脂肪は二の腕や太もも、お腹などから吸引することが多いです。胸の大きさに違和感を覚える場合は、女性の二の腕や太ももを確認してみると良いでしょう。豊胸バッグ法による手術跡は、わきを見ると分かることが多いです。豊胸バッグ法では、わきの下を切り開いて乳房にバッグを挿入します。そのため術後にわきの下を縫った跡が残ることが多いのです。さらに乳房の下側のラインを開いて、バッグを挿入することもあります。下乳のラインも合わせて確認しましょう。

次に感触で判断する方法です。豊胸手術によって作られた胸は、手で触れたときの感触で大体わかるようになっています。触ることで判断しやすいのが、ヒアルロン酸注入法で手術を受けた胸です。ヒアルロン酸は皮膚に含まれる脂肪よりも硬い性質を持っています。胸の柔らかさは脂肪によるものですが、ヒアルロン酸を注入することで胸を大きくすると、硬さが感じられることが多いのです。さらに、ヒアルロン酸注入法によるバストアップは、効果の持続期間が短いです。そのため少しでも長く巨乳の状態が保たれるように、吸収されにくいヒアルロン酸を注入することが多いです。ヒアルロン酸には種類があり、身体に吸収されやすい種類とされにくいものがあるのです。吸収されにくいヒアルロン酸粒子は、吸収されやすい粒子よりも大きくて硬いです。つまり胸に注入したときに、不自然に硬い感触の原因になります。このようなことからヒアルロン酸注入法による胸は、見た目では自然な印象を演出できたとしても、男性が乳房を触ると豊胸による胸だと分かりやすいのです。さらに、脂肪注入法による巨乳も、触ることで判断できる場合があります。この方法では、女性は二の腕や太ももなどの脂肪を吸引して、胸に注入します。このときに脂肪だけを注入しないと、しこりや腫れによる硬さを生じることがあり、触ったときに分かります。

いかがでしたか。パッと見ただけではなかなか豊胸かどうかを見破る事は出来ませんが、これらを参考にして皆さんも本当のおっぱいかどうかを瞬時に判断できるようになってくださいね!(笑)

コメントを残す

*