コラム

セックスの際にあまりお酒を飲まない方がいい理由とは!?

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんはこんなことを事を耳にした事はありませんか??エッチの前のお酒はなるべく控えた方がいいということを。食事の後のセックスって至って自然な流れではあるんですが、お酒を飲み過ぎると男性は勃起しにくくなるという事実があるんですね。今回はセックスの際にお酒を控えた方がいい理由を詳しくご紹介したいと思います。

まず血液についてなんですが、通常の状態では身体全体にまんべんなく行き渡るように流れているんです。ですが消化器官に血液が多く流れるようになると、脳に行き渡る血液が少なくなります。男性がペニスを勃起させるとき、脳が性的刺激を感じ取り、ペニスに血液を多く流れ込ませています。しかし食事によって脳に行き渡る血液量が減ることで、脳の働きが鈍くなります。つまり女性の裸を見たり、女性とキスをしたりしても、男性は勃起しにくくなってしまうのです。また、ペニスへの血液量が不足しやすいことで、エッチの最中に中折れしやすくなってしまうんです。

お酒に含まれるアルコールは、気分を高揚させる効果があります。これはアルコールが、脳にある「大脳皮質」という部分の働きを麻痺させるためです。大脳皮質は通常、「理性」をコントロールしています。大脳皮質は物事の良し悪しを判断し、「今の状況では、この行為を行わないほうが良い」などの決断をしています。しかしお酒を飲むと大脳皮質の働きが低下して、普段は抑えている行動に歯止めがきかなくなります。そしていつもは我慢している「女性に下ネタを話す」、「女性をセックスに誘う」などの行為を、男性は積極的に行うようになるのです。これがお酒を飲むとエッチな言動をしやすくなる仕組みです。また、酒を適度に飲むと血行が良くなります。前述のように、男性の勃起はペニスに血液が流れ込むことで起こるため、お酒を飲むと勃起しやすくなります。女性との関係をより深めたい場合、このようなお酒の効果を利用するのは良い方法です。しかしお酒を飲み過ぎてしまうと、一転して男性の精力は大きく低下します。これは「大脳皮質の働きが非常に鈍くなってしまうため」です。大脳皮質は性的刺激を感じ取り、身体の器官に勃起するよう指令を出します。しかし大脳皮質の働きが鈍ると、刺激を受けても大脳皮質が勃起の指令を出さなくなります。そして、勃起しにくくなってしまいます。そのため「女性とエッチをしたい気持ちはあるのに、勃起しない」、「プレイ中に中折れした」などの状態になってしまうのです。

いかがでしたか。このように、食事やお酒は性欲と密接な関係があります。食事のあとはなるべく時間を空けてからセックスをするようにしましょう。また、お酒は適度に飲むことを心掛け、飲み過ぎないように気を付けましょう!

コメントを残す

*