コラム

江戸時代の風俗について

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは風俗がお好きですよね??男性なら一度くらいは風俗を利用した事があると思います。そんな風俗の歴史は古く、江戸時代にはなんと女性が周りの人に自分の風俗経験を伝えるという事がよくあったと言われています。これは現代と江戸時代の風俗への認識の違いが大きく関係しているんです。今回は江戸時代の風俗とは一体どのようなものだったのか、詳しく解説していきます。

まず江戸時代の人は、風俗嬢という職業にそこまで大きな偏見を持っていなかったという事が挙げられます。現代なら、自分の身内が風俗で働いていた場合、他人には絶対に知られたくない事実ですよね。現代の風俗嬢に対する世間のイメージって、一般的にマイナスな面が多いかと思います。もし自分の息子が風俗嬢と結婚したと伝えたりすれば、それだけで偏見の目で見られるでしょう。ですが江戸時代の人は、堂々と周りの人にこのことを話していたのです。江戸時代では元遊女と聞けば肝がすわっている、一目置くべき女性という認識があったんです。

このような江戸時代と現代の認識の違いは、江戸時代の女性が遊女になった理由と、現代の女性が風俗嬢になった理由が大きく異なることが元になっています。現代の風俗嬢は、女性が自分の意思によって風俗店で働くことを選んでいます。これに対して江戸時代の女性の場合、実家が貧乏であったことから両親に身売りに出され、遊女の仕事を始めた人が多いのです。つまり、江戸時代の遊女は貧しい家族を救うために風俗の仕事をせざるを得なかった女性なのです。そのため、江戸時代の人々は誰も遊女に対してエロい性格だから風俗の仕事を始めたのだろうとは考えませんでした。むしろ親孝行をするために自分の体を売る覚悟を決めた女性として褒めたたえる気持ちさえ持っていました。こうした社会的な背景があったため、元遊女の女性は風俗の仕事をしていたことを隠しませんでした。むしろ周りに積極的に元遊女であったことを伝えていたのです。

いかがでしたか。江戸時代における風俗に対する認識は、現代とは少しかけ離れたものだったという事がお分かり頂けたかと思います。皆さんも風俗を利用する時には少し思い返してみてください。そうすればいつもとは違った気持ちで、風俗遊びができるはずです!

コメントを残す

*