コラム

■風俗で働くリスク■

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

風俗の仕事を考えた時に、「お店のトラブルに巻き込まれたら嫌だな…」という不安を持つ方が多いと思います。
デリヘルの場合には、さらに顕著だと思います。
場合によっては、お客さんの自宅に伺ったりもしますから盗撮などの危険もあります。
(当然、ラブホテルでも盗撮の可能性はありますが)

◆「風営法違反で摘発」※風営法=風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律
(この場合、事務所・待機所を一斉に摘発する)
◆「デリヘルで働いていたスタッフ・キャストへの事情聴取」
◆「無許可で風俗店を行ったとして経営者を逮捕」

テレビのニュースや新聞。インターネットのニュースサイトなどで、
このような言葉を見たり聞いたりした事があるかと思います。
こんな事件に関係してしまった事が家族や恋人にばれたら…
一般の会社員が副業として働いていた場合もゾッとします…

「女の子も従業員も違法店だとわかった状態で働いてるんでしょ?」

必ずしもそうとは限らない場合が多々あったりもします(笑)
摘発して捕まるまでは、違法性なんてまったく考えていない場合がほとんどだったり…

実際のところ、女の子は働いている店が違法店だったなんてまったく知らなかった、というケースが多いんです。
勉強不足によるものですが、本人からしたら被害者なのに、加害者と同じ扱いを受けてしまうなんて災難ですよね(笑)

風俗、とりわけデリヘルは手早く稼がなければならない女の子にとっては非常に効率的な仕事です。
しかし、これを読んでいるあなたが感じられているように、大なり小なりリスクも付いて回ります。

次回からは、風営法について違法風俗店にひっかからない方法についてお伝えしていきます。
はじめてデリヘルに挑戦する、という方は必見ですので最後までお付き合いください!!

コメントを残す

*