コラム

日本人のおっぱい

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

おっぱいは最終的に5段階までわけられています。

次第にまな板おっぱい~皿型乳房、お椀型乳房、半球型乳房、円錐型乳房になります。

白人や黒人といった他国の女性たちはしっかりと円錐型乳房まで形成されがちですが、殆どの日本人女性やアジア系女子はお椀型乳房レベルで発育が終わるのが現状です。

なぜ白人女性、黒人女性とこれほどの差が出てくるのかというと食生活、生活習慣、食の文化が胸の発育に大きくかかわっている事が要因と思われます。

まず食文化ですが、日本の歴史の中でも特に平均身長が小さかった時代は江戸時代だったといわれており、江戸時代にはほとんど肉食の文化が失われており動物性たんぱく質を摂る機会が少なかった為です。

そうです、この動物性たんぱく質がキモで人体に脂肪や筋肉をつけるうえでとても重要な栄養素となるのです。

日本よりお肉をたくさん食べる国と言い換えられるでしょう。

生活習慣は特に睡眠が大事だとおもわれます、皆さんはゴールデンタイムというのはご存知でしょうか?
22時から2時までの時間は傷ついた肌を修復したり身体を成長させるためにもっとも睡眠の質が向上するタイミングだとされてます。

もし22時に寝るのは無理!な方がほとんどだと思われます。

そんな場合は24時に寝る事を心がけましょう、それでも充分な効果が期待出来ます。

これは成人でも例外はなく胸の大きさは成人後も大きく変わります。
睡眠を含めた生活習慣と食生活の向上を心がけるようにしましょう。

最後に食生活ですが、一度上記にも上げられている動物性たんぱく質を摂取することですが一般的にはササミや鳥の胸肉などの脂質の少ないお肉をとりましょう。

また納豆などの大豆発酵食品もバストアップに重要な食品として有名です。

大豆に含まれるイソフラボンは植物性エストロゲンと呼ばれ女性ホルモンの分泌を助ける働きがあるのです。

コメントを残す

*