コラム

中国に代表される風俗・KTVについて

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは中国の風俗の事をどれくらい知っているでしょうか??中国って風俗は基本的に禁止されていて、性に対してかなり厳しいというのが実状です。ですがそんな中国でも全く風俗がないわけではありません。そんな中国で有名なのがKTVという風俗なんです。今回は皆さんにあまり馴染みのない中国の風俗・KTVについて詳しく解説していきたいと思います。

まずKTVとは一体なにかと言うと、カラオケテレビの略称なんです。中国においてKTV=カラオケができる場所なので風俗であろうが、なかろうがお店の看板にはKTVという文字が並びます。KTVは日本のキャバクラに似ていますが、中国ならではのポイントもたくさんあるので順番にご紹介していきたいと思います。

KTVの開店時間は20時なんですが、この時間帯だと女性がまだ集まっていないので、20時半ころ入店するのがベストでしょう。入口でそのお店のシステムを確認してから奥のロビーに移動します。ロビーにはたくさんの女性が待機していて、ここからお気に入りの女性を一人選ぶといった形です。迷った場合はこちらの質問に挙手で応えてくれるので、ぜひ活用してみてください。

次にお酒を注文するんですが、種類もたいていのモノは揃っています。フルーツやナッツが同時にもてなされますが、サービス料金に含まれているのでお代わりを注文しても大丈夫です。いよいよサービス開始ですが、指名した女性が隣に座ってくれるので、キャバクラのように過ごしましょう。名目はカラオケルームなので日本のキャバクラのように会話だけではなくて、カラオケやゲーム、またお店によってはダンスまで楽しめます。また、日本のキャバクラでは禁止されているおさわりも、KTVでは基本的に女性がOKならどこまででもOKなようです。

いかがでしたか。KTVは日本にはないタイプの風俗なので、現地を訪れた際はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*