コラム

江戸時代の風俗事情

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは江戸時代の風俗についてどれくらいの事をご存知ですか??江戸時代の風俗と言えば遊郭を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。日本の風俗産業のターニングポイントは江戸時代で、現在の産業基盤を作ったと言っても決して過言ではないんです。今回はそんな江戸時代の風俗事情について詳しく解説していきます。

初めに風俗に近いものは、戦国時代の前にも一応存在はしていました。皆さんご存知の豊臣秀吉が京都に遊郭を築いていたという説もあるんですが、当時主流となっていたセックス産業とは立ちんぼや戦の際に敵地で行われていた人さらいと呼ばれるものでした。有名武将であったとしても、時分の部下の兵に、人さらいによる強姦を認めていたのです。

江戸時代がなぜその後の風俗産業に影響を与えたのかというと、治安が安定したということがかなり大きいのではないでしょうか。江戸時代以前は各国の武将による領地争いが激しかったのはいうまでもありません。ですが徳川家康が江戸時代を開いたことによって、争い事は少なくなり治安も安定したので庶民の間でも性欲を発散させたいという余暇への欲求が高まったのが要因です。

では具体的に江戸時代の風俗とは一体どのようなものなのでしょうか。まずは皆さんもご存じの遊郭が有名だと思います。遊郭は政府公認の女遊びの場で、遊女が男性客に踊りや三味線などの遊芸を見せたうえで、カラダを売る場所だったんです。江戸時代は貧しい親の借金の肩代わりに、遊郭に娘が売られる実質的な人身売買も割と盛んにおこなわれていたんです。

また花魁という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか。花魁とは、吉原遊郭の遊女の中でも位が高い人のことを指します。おいらんという呼び方は、花魁の身の周りの世話をする禿や妹分たちが、彼女たちをおいらの姐さんと呼んだことから発生したという説もあります。

いかがでしたか。江戸時代は皆さんが大好きな風俗の礎を作ったと言っても過言ではないんですね。皆さんも先人が作ったこんなにも素晴らしい風俗をこれからも思う存分楽しんでくださいね!

コメントを残す

*