コラム

風俗利用客の性格別接客術

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

風俗を利用される方の性別や性格、人種も文化も千差万別です。。

風俗を利用される男性の性格も十人十色。

年齢だけをとっても10代後半から50代60代、それ以上。と大変幅広い。

風俗店に求めている接客も、お客様一人一人で違います。

たとえば人見知りで臆病な性格をしている男性に、普段から明るく良く話す女性がガツガツと接客してしまうと、

場合によっては一歩惹かれてしまうこともあるでしょう。

場を盛り上げようと、良かれと思っての事であっても、お客様に嫌な気持ちになられては本末転倒です。

そこで、お客様の性格別で接客をするコツをご説明させていただきます。

■ケース1:おとなしい男性の場合

おとなしい男性の場合には、
会話のペースを男性側に合わせ、ゆっくりと相手のペースで対応しましょう。
相手が自発的に言葉を発しないからといって、こちらも黙っていてはいけません。

黙って無言でいると、無口なお客さんだからといって非常に気まずい空気になります。
日常会話を投げかけながら、すぐに相手の回答を求めようとせず、
相手のペースに合わせて答えを急いではいけません。

全く同じテンポで生きている人間は存在しませんし、
自分からプレイの要求を言うことは多くありません。
しかし男性であることに違いはありません、絶対に好きな行為や恥ずかしい趣向は必ずあります。

相手に合わせてリラックスしてもらい、
ゆっくりと相手の心情を丸裸にしましょう。

注意すべき点は、
コース時間が短く会話に使える時間が少ない場合は、
自分で主導権を握ってプレイを進めてしまう事も大事です。
強引になりすぎてしまわないよう、相手の表情を窺いながら進めましょう。

■ケース2:話好きな男性の場合

話が好きな男性は、とにかく自分のことを女性に伝えたいという気持ちが強いです。
そして自信過剰なところがあります。そこで相手に心地よい時間を過ごしてもらうためにも、
興味がない話であっても、興味深そうに聞くことが重要です!!

このタイプには、会話の大部分を男性に任せてしまい聞き手に回りましょう。
男性は自身の話に対して、女性に意見を求めていないことが多いので、
女性に対しての質問をしても、その質問に対する自分の気持ちを伝えたいだけという場合もあります。
そういう時には『あなたはどうですか?』と聞き返してみましょう。

※お客さんによっては、プレイ時間がなくなってしまう程、話に熱中うしてしまう場合もあります。
その場合は、ある程度時間を気にしながら『お風呂行きませんか?』と促してみましょう。

お客様には話をしているだけでも問題ないよという方もいらっしゃいます。
その場合は、お客様の要望に応えましょう。

注意点としては、優しく接してくれているお客さんにも裏がある場合があります。
いくら優しくて気遣いのできるお客さんでも、あまりペースに流されてしまうと危険な場合があります。

■ケース3:コンプレックスのある男性の場合

人間ですから色々なコンプレックスがある場合があります。
男性器のサイズだったり、とても太っていたり、なんらかのコンプレックスを持っている男性は意外に多いのです。

身体的なコンプレックスを持っている男性を接客する場合は、『恥ずかしいので電気を暗くしてください』と自身から提案してみたり、『会話の相性ですよね』『私は大柄な男性は好きですよ』等、男性のコンプレックスを可能な限り和らげる言葉を投げかけてみるのはどうでしょうか?

そのような気配りに好感を持たれ、本指名に繋がる場合もあるのです。

注意点は、コンプレックスの部分について触れてしまう会話を極端に嫌う男性もいます。
わざとらしくない程度に、その部分にふれないようにするのも気遣いです。

■ケース4:男性器に自身のある男性の場合

自身のモノが大きかったり太かったりする男性は、自分に自信を持っている事があります。
その場合は、多少わざとらしくても『大きいですね!』『こんなの見たことない!すごい!』と褒めてみてください。

男性は、硬さや長さ太さを褒められるのが、容姿を褒められるより嬉しいものです。
とくに硬さを褒められるとテンションがあがります。

■ケース5:EDの男性の場合

EDの方といっても色んな男性がいます。
バイアグラ等の薬を使わないと勃起しない人。
女性を責めたり(責められたり)している時だけ勃起する人。
勃起してしぼんでを繰り返す人。
人によって様々なパターンがあります。
共通している事は、「焦らしても意味がない」という事です。
意味がないというより、悪影響しかありません!

デリカシーのない発言『なんで勃たないんですか?』
というような無神経なことを言う女性は、さすがにいないと思いますが、
その時に緊張で勃たない方や、
会う前にアルコールを飲んでいて元気がなくなってしまっている男性に対して、
焦らすという行為はNGです。
(焦らすというMプレイが好きな男性もいるので絶対ではありません)

気持ちが昂っていても、
緊張してしまっている時には、余計に勃たなくなってしまう場合があります。
なるべく緊張を解いて、リラックスしてもらえるよう心がけましょう。
EDの男性は、女性を責めることだけ目的としていて、射精を求めていない男性も多くいます。

一般男性にとって安くない金額を出して、時間やサービスを買っていただいているのですから、
極上の射精にいたるサービスを提供できるように頑張ってみてください。

■まとめ

上に挙げたケース意外にも、
ケース1とケース3。ケース3とケース5の複合など、
様々な性格をお持ちのお客様が来店されますので、接客とは非常に奥が深く難しいものです。
お客様、ひとりひとりに合った接客をする事が出来れば、
お客様は満足をして帰っていただけますし、後日の本指名にも繋がりますので努力をしてみてください!

せっかく風俗業界で働いているのですから、小さく稼ぐより大きく稼ぎたいですよね?
そのために一番大事なのは、自身の商品価値を高め本指名をもらえるようになることです。
お店からも大変重宝され、ボーナスで金一封なんてこともあるかもしれません(笑)

風俗業界で役立つ接客力とは、兼業・副業で働いている場合には分かると思いますが、
一般のサービス業などでも役立つ技術です。
お客様が何を求めているかを常に考え、お客様第一義の接客を心がけましょう。

コメントを残す

*