コラム

韓国の定番・キムチの種類とは

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは韓国と聞いて何を思い浮かべますか??韓流スターや焼き肉など、皆さんが思い浮かべる韓国のイメージは様々でしょう。ですが韓国と切っても切れないものがキムチですよね。今回はそんな韓国に代表される伝統料理、キムチの種類をいくつかご紹介したいと思います。

韓国のキムチで最もポピュラーなのが、何といっても白菜のキムチでしょう。これは日本でも定番のキムチとなっていますよね。このキムチは韓国の食卓にはなくてはならない、定番のおかずですね。キムチがなければ食が進まないって人も多く、インスタントのラーメンを食べる時でも一緒に食べられています。

次にご紹介したいキムチが大根で作ったキムチになります。これも日本では良く目にする人気のキムチですね。日本ではカクテキと呼ばれています。大きさはこれといった決まりはなくて、小さいものから、一口ではとても食べれないような大きなものまで幅広くあります。

キムチには基本的に汁気ってあまりないですよね。漬け汁というものは当然あるのですが、韓国にはこの漬け汁を飲むことを前提としたキムチがあるんですね。いわばスープキムチとでも呼びましょうか。具材としては白菜や大根などが定番で、味は普通のキムチよりは辛くなく食べやすいのが特徴です。大根のキムチの方が酸味があってサッパリした味に仕上がっています。

キムチと言えば唐辛子が入っているので辛いのが当然なんですが、この辛さが全くないキムチも存在します。それが白キムチと呼ばれているものです。唐辛子の粉が全く入ってなくて、辛さが苦手な人でも安心して食べる事ができます。授乳中の女性は辛みの成分がおっぱいに出てしまうと言われるので、赤ちゃんにも優しいこの白キムチを食べるようです。

いかがでしたか。韓国のキムチには、私たちが知らないようなものも多数あったんですね。どっちにしてもキムチってヘルシーで美味しいものなので、皆さんもどんどん食べるようにしてくださいね。

コメントを残す

*