コラム

中国の餃子の歴史とは

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。皆さんは餃子はお好きですか??餃子とは日本でも人気の食べ物なんですが、皆さんもご存知の通り発祥は中国です。今回は日本人も大好きな餃子の歴史についてちょっと調べてみました。

まず日本人が思い浮かべる餃子って、一般的には焼き餃子の事ですよね。日本にある中華料理屋さんでも、餃子を頼めば大抵焼き餃子が出てくると思います。ですが中国人にとって餃子と言えば、水餃子の事を指す場合が多いんです。茹でて残った水餃子を焼いて食べるようになったのが、焼き餃子の始まりなんです。

餃子の形って三日月のような半円形が多いですよね。これは中国で使われていたお金が半円形だったことに由来しているんです。他に丸や巾着のような形になっている餃子が多いのも、昔のお金と同じように縁起のよい円やおサイフ、桃の形をかたどったもので、餃子がいかに毎日の生活に密着している食べ物だということがわかるでしょう。

中国はとても広大なので、地域によって食べられている餃子のスタイルは全く違っているんです。お米が取れにくい北の地域では、生地の厚い水餃子が主食として毎日食べられていますが、南の地域では、一口サイズに作った小さな蒸しギョウザやスープ餃子を軽食やおやつとして食べるのが一般的なんです。

また餃子はもともと、薬という感覚で食べられていたとも考えられています。中国の北の地域は真冬には、-20℃・30℃の日が連日続きますので、体を健康に保つための食事はとても重要でした。とにかく体を温めなければいけないので、色んなスパイスや漢方薬と一緒にラムの肉を煮込んでそれを包み、温かいスープに入れて食べられていたようです。この料理が餃子の起源ではないかとも言われています。

いかがだったでしょうか。私たちが美味しく頂いている餃子には、こんなにも深い歴史があったんですね。皆さんもこれから餃子を頂く時には、感謝の気持ちを持ってありがたく頂くように心がけましょう(笑)

コメントを残す

*