コラム

中国のバレンタインってどんなカンジ!?

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。日本人にはとっても馴染みの深いバレンタインデー。そんなバレンタインデーも国によって、そのものが持つ意味や内容というのは全く違います。今回は中国に注目して、中国にとってのバレンタインデーについて、詳しく解説してみたいと思います。

まず中国でのバレンタインデーの呼び方ですが、情人節と呼ばれています。情人という単語だけを見れば、なんだか少しエッチだとか不倫などのイメージを持つ人も多くいると思います。ですが中国で情人とは恋人の事なので、恋人の日という意味となり何もいかがわしい意味のものではないんです(笑)

バレンタインって女性が男性にチョコレートと一緒に思いを伝える日ですよね。ですが中国の場合は日本とは真逆で、男性がプレゼントを女性に贈り、互いの愛情を確認しあうためのものなんです。中国のバレンタインデーって、独り身の人が勇気を振り絞って思いを伝えるわけではなく、既にカップルの間柄の男女が愛情を確認し、いつも以上にロマンチックで素敵な夜を過ごす日なんです。

一般的なプレゼントなんですが、中国では薔薇の花を贈るのが定番となっています。日本ではチョコレートの専門店が混雑しますが、中国では一日中お花屋さんが大繁盛します。街中には、買い忘れた人のために臨時で花を売る商人も数多く見られます。日本ではチョコレートを贈るという事が知られていますので、チョコレートを買い求める人も多いです。

また日本のように義理で何かを贈るということはありません。ですので日本である義理チョコの代わりになりうる、義理薔薇なんてものも当然存在しません(笑)あくまでも中国のバレンタインデーは本命の人とのイベントなので恋愛感情がない人にプレゼントを贈ることはありません。

いかがでしたか。中国のバレンタインとは恋人同士の愛情を確かめ合うといった意味合いが非常に強いんですね。これを参考に中国への知識を深めていってもらえれば喜ばしい事だと思います。

コメントを残す

*