コラム

中国のクリスマスについて

大阪 兵庫 神戸 奈良 滋賀 京都 ChikoDERI 外人風俗 チャイデリ 韓デリ 中国デリヘル

こんばんは。c

中国でのクリスマスについてまず言いたいのが、国全体でクリスマス気分というのが非常に長いことです。1番のメインとなるのは、日本と同じ24日・25日の二日ですが、25日が終わった後もイルミネーションがそのままなんです(笑)日本だとクリスマスが終わったらすぐにお正月モードになりますが、中国ではその雰囲気が中国のお正月に当たる春節まで続くんです。

クリスマスってケーキや七面鳥を食べるのが一般的だと思うんですが、中国人がクリスマスに食べるものってこれといって決まりはないんです。そもそも中国にとっては伝統のある文化ではありませんし、思い入れもあまり強くありません。ですが街のレストランなどは、イベントに乗じて色んなプランで集客を掴もうと必死になります。この点は日本とほぼ同じです。

では過ごし方はどうでしょうか。キラキラ華やいだ街でカップルたちが、特別な時間を過ごしている光景がそこらじゅうで見られます。またディナーやケーキを食べたりして内容的にはほとんど日本と変わりません。中国でのクリスマスは若者のためにあるという印象でしょうか。宗教などにとらわれずに、特別な日の雰囲気を素直に楽しむというところは、オリンピックやワールドカップなどの祭典が特に好きな日本人となんら変わりないのかもしれません。

いかがだったでしょうか。中国と日本ではクリスマスに多少の違いはありましたがカップルなど若者の為にあるというところは同じだったんですね。とにかくあまり深い事は考えずに、その場の雰囲気を思いっきり楽しめばいいという事かも知れませんね(笑)

コメントを残す

*