コラム

チャイデリの近況と流れについて

近頃は、チャイデリの人気がじわじわと勢いを増しています。

 

その火付け役になったのが、京橋の壊滅でしょう!

 

もともとは中国エステの聖地とされておりました、京橋が摘発により、現在は半壊状態になっています。

完全に無くなったわけではもちろんないですが、以前に比べ勢いは衰退傾向にあります。

 

中国エステ(チャイエス)では低価格な料金で違法なサービスを提供するお店が多く、違法経営店が潰れている現状です。

残った健全店では性的サービスは一切行っていないため、今まで通い詰めていたマーケとの市場が宙に浮いた現状となっているのです。

 

そのため、ソープよりも低価格で性的サービスを行えるチャイデリ(デリバリーヘルス)が増加傾向にあるのです。

また、宙に浮いたマーケットを巡ってチャイデリのお店ではしのぎを削って低価格化でサービスの提供に走っているため、以前までのチャイエス(中国エステ)よりも安く、安心で安全に遊べるとあって人気が高まっている状態です。

 

極めつけは、大阪梅田で老舗とも呼べるABCクラブが摘発された事です。

梅田の大きなマーケットにも宙に浮いた市場が出来たためチャイデリのしのぎ争いが激化しており、質の高い女の子でより安く遊ぶことが可能となってきてきます。

 

今後は今まで以上にリーズナブルな価格で質の高い女の子を安全に安心して遊ぶことが可能となるのが予想できます。

60分10000円でコースを提供しているお店も出てきておりますので、チャイデリは今後ますます勢いを伸ばしていくでしょう!

 

コメントを残す

*